読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勇者ヒデサチの冒険

これは、中卒ゲーマーが外資トップになる物語。

第3話:ルイーダの酒場でアルバイトするお

こうして僕はタイトルにある通り、正真正銘の中卒ゲーマーになった。なかなかなれるものじゃない。なるためには失うモノがダークソウルで死ぬ回数よりたくさんあるからだ。いい大学をでて大手企業に就職、安定安泰な人生なんてウーラシール*1の闇へと飲まれた。

しかし、

もう引き返すことはできない・・・・

f:id:hidesacchi:20170110223725j:plain

 そう、僕は篝火の探求者*2を注いでしまったのだ。17歳にして人生の難易度はうなぎ登り!これからの旅路は今まで以上に厳しくなる。しかし、当時の僕はそんなことは知る由もなく、ドラクエ7の神様との戦いを楽しんでいた。

だが、

暇なのである。

ドラクエももうやれることはほとんどやった。他にやりたいゲームもこれと言ってない。それに僕は自由になった!もう僕を縛る規則やルールなんてない!

そうだ!まずはゴールドを貯めよう。Gを貯めれば欲しい武器や防具、ステテコパンツやえっちな下着も買える。それに旅の名物、飛空挺にのったり馬車を手に入れるためにもGは必要だ。←(ゴキブリじゃない)

こうして僕は知り合いのお姉さんが経営する酒場、ルイーダの酒場で料理人見習いを始めることにした。

f:id:hidesacchi:20170110225019j:plain

ここには地元の戦士や魔法使い、亡者からサイバイマンまで実に多様な人々が集まる。←(事実=みんな普通のいい人) 

そしてアルバイトを始めた僕は勤務初日に驚くべき人物と再会することになる。同じ魔法魔術学校に通っていて、僕より先に退学したクラピカがこの酒場で働いていたのだ。

f:id:hidesacchi:20170110230602j:plain

彼も僕と同じく料理人の見習いとしてゴールドを貯めながらルイーダの酒場で人脈を広げていた。僕にとっては嬉しい再会だった。同じ境遇の仲間が同僚なら仕事も楽しいしお互いオープンに胸の内を語り合える。

そして、

このクラピカとの再会が、17歳のヒデサチを大都市ザナルカンド*3へと導く。

そこから始まる不思議な生活が、ヒデサチを深淵へと誘うことになるのであった。

*1:ダークソウルにでてくる土地だお

*2:ダークソウル2のアイテム。これを火に注ぐと周辺の敵がめちゃ強くなる

*3:ファイナルファンタジーⅩの都市

第2話:わ、わたしが進学できないですって!?ザーボンさん!ドドリアさん!

タイトルの通りだっ!←(出落ち感ぱねぇw)

 まぁ順を追って話すからきいてくれ♪

 

学校に行かず石板集めに全勢力を注いでいた僕は、とうとう全ての石板を集めて世界を復活させ、そして、闇の王オルゴデミーラを完膚無きまでにブチのめしたっ!圧勝だったんだ! あのオルゴデミーラが僕の手の中で踊る踊る♪ さんま御殿*1いや、踊るかわいいマルチーズのようだった!!この達成感!!僕が世界を救ったんだ!みんなの平和を取り戻したんだっ!

 

こうして世界を救った僕はドラクエに満足して、そろそろ学校にでも行こうかなって思い始めてた。

そんな時、一本の電話が僕の携帯をフルフルさせた。そう招かれざる電話、、、セバスチャンからだっ!!←(事実=母から) 電話に出てみるとセバスチャンがさっき倒したオルゴデミーラより恐ろしい鳴き声で灼熱の炎を吐きながらこう言った。

「今から一緒に学校に行く。帰ってこい」

この電話を切った僕は、まるでバシルーラを5回くらったかのような光の速度で家に帰った。そしてセバスチャンの馬車に乗せられて←(事実=軽自動車) 僕の高校、ホグワーツ魔法魔術学校*2へとやってきた。向かうはダンブルドア校長*3のお部屋。

f:id:hidesacchi:20170109212510j:plain

扉を開けると、そこには亡者*4のよう顔をした担任とスヌーピーが軽自動車に跳ねられたような顔の教育指導の先生、そして白目をむいたダンブルドア校長が召喚獣シヴァ*5を解き放った後のような、凍りついた空気の中に座っていた。そして担任の亡者が一言、こごえる吹雪*6のような言葉を僕とセバスチャンに吹きかけたんだ。

「ヒデサチさんは出席日数が足りないため進学できません。」

、、、、、、、、

、、、、、、、、、、

そして時は動き出す。*7

 

f:id:hidesacchi:20170109214707j:plain

 だめだ!ザーボンさんもドドリアさんも今はナメック星*8だ、、、

 

隣のセバスチャンはどんな顔をしているのだろう、、恐る恐る僕はセバスチャンの顔を覗いてみた。。。。普通だ。悟りを開いた釈迦のような顔だ。担任の亡者が話を続ける。

「これから一学年下の子達と一緒に授業を受けるのはなにかと難しいでしょうから、通信制の学校に編入という手段もあります。将来のためにも高校は卒業された方がいと思います」

それを聞いたセバスチャンが話し出す。

「私もその方がいいと思いますわ。どんな形でも高校は卒業した方がいいはずですわ」

これに対する僕の答えが、これだ

 

f:id:hidesacchi:20170109192940j:image

↑アホです!

 

こうして僕は即答で学校を辞めることを選んだ。理由は色々あった。このホグワーツ魔法魔術学校での学びに大切さを見出せないでいたし、ベジータやナッパ、それにクラピカ*9も僕より先に退学していた。←(事実=友達の名前) そして1番の理由は、

ワクワクしたかったんだ!

ドラクエのように知らない街で新しい仲間と出会って、心躍るような経験を!冒険を!したかった。だから僕は学校を辞めた。

そしてここから、僕の人生は深淵*10へと向かって動き出すことになる。

アルトリウスさまぁ~~~♪*11

*1:さんまさんの人気番組だお

*2:ハリーポッターシリーズに登場する魔法学校。見たことないので詳しくしらない

*3:ハリーポッターシリーズに登場する校長。見たことないので詳しくしらない

*4:ダークソウルシリーズでおなじみ。ゾンビみたいなの

*5:ファイナルファンタジーシリーズでおなじみの召喚獣。セクシーだったりする

*6:ドラクエの特技だお

*7:みんな大好きジョジョDIO様より

*8:ナメック星人が暮らすな~んにもない星

*9:ドラゴンボールハンターハンターの登場人物。クラピカは僕のストーリー上で重要な存在になる

*10:ダークソウルシリーズに描かれる闇

*11:ダークソウル1に登場する素敵すぎるキャラクター

第1話:学校行くかわりに石版集めに行くお

時は西暦2000年8月夏真っ盛り、悪そなやつは大体友達。。。えっ?

それは高校2年生の夏だった。

僕の人生に晴天の霹靂、人中の呂布、馬中の赤兎馬ともいえる大事件が起きる。

そう、あのアルテマウェポンが市場に投下されたのだ!

 

それが、、、、これだ

 

1、2,3!

 

 

f:id:hidesacchi:20170108153906j:plain

7!!!

 

ドラゴンクエストエデンの戦士たち! 歴史に残る神ゲーだ!

かなりざっくり話すと

1つの島しか存在しない世界に生まれた主人公とその仲間が

過去の世界と現代を行き来しながら石版を集め、封印されていた島を復活させ、世界の完全なる再生を目指すってお話ちだ!

少年ヒデサチは三度の飯よりゲーム好き。飲む打つ買うはゲームの肥やちって思想だ。

この歴史的RPGが発売されたことによって僕の人生は大きく舵を切ることになる。

 

そう、

 

学校に行く代わりに石版集めに行くようになってしまうのだ!

 

朝、セバスチャンからお弁当を受け取ると←(事実=母親から)学校に行くかのように家を出て、そのまま友達のお姉ちゃんの家に突撃!隣の朝ごはん!

そこで先ほどセバスチャンから受け取ったホカホカのお弁当をたいらげ

しばし仮眠!

 

ぐぅ~ぐぅ~

 

目覚めてHPもMPも全快になった僕は深夜の2時~3時まで石版を集める旅にでる!

友達のお姉ちゃんってのもかなりのゲーマー!僕にとっては癒しとゲームの助言をくれる、そう、まるで、かぼたんのような人だった←(溺愛するダークソウルシリーズより)

そして類は友を呼ぶもので、学校や仕事が終わる夕方5時ごろになるとぞくぞくとゲーム仲間がこのお姉ちゃん宅、別名:ド田舎の祭祀場に集結してくる。そこでみんなで飲めや歌えやの宴会をしながら朝までゲームに没頭するっていうのが僕のライフスタイルになっていた。

そう、学校にも行かずにね ( ̄ー ̄)ニヤリッ

このドラクエ7によってうまれた生活の歪が、のちのちヒデサチの人生に不運を招こうとは知る由もなかった←気づけよ!!ヽ(*`ェ´*)ノフンガ~

 

ってな感じで、僕の生活は学校から離れ、キーファやマリベルとの冒険へと焦点が向けられていったわけでありんす。

 

この続きはまた別のお話しで♪

じゃぁ、またなっ♪

 

PS:

よい子のみんなは、学校にちゃんと行ってから石版集めるんだお♪ (*´▽`*)ゞ らじゃ♪

 

 

はじめに

 みんな♪ 僕だ♪

この物語の主人公 ヒデサチだ。

これからつづる物語は僕の今までの人生だ。

ひょんなことから高校3年生に進学できなくなった僕は←(ドラクエのしすぎ)

学校を中退し飛空艇で冒険を求めて旅立った!←上京

高校中退の16歳。好きなことはゲームのみ。

そんな僕が社会で戦い、スキルを手に入れ、武器や防具をそろえ

レベルを上げながら今では外資のTOPとして戦っている!

基礎知識や教養のない僕でもここまでこれた。

その道中、山賊の奥さんと恋に落ちたり←(ヤ〇ザの奥さん)

起業したり、廃業したり、泣いたり、笑ったり、いろんな冒険があったんだ♪

そんなバラエティーにとんだ出来事の数々や、その出来事から学んだことを

大好きなゲームの話になぞらえながら記していこうと思う♪

そうこれは

他の誰でもない、、、、これは僕の物語だっ!!!

↑(崇拝するファイナルファンタジーX アーロン様の名言より抜粋)

思いっきりふざけながら書くから、みんなも鼻ほじりながら読んでくれると嬉しいお!

前置きはここまでだ。

では、物語は16歳のヒデサチ少年の平凡な日常から始まる。

物語はリアルタイムで進行する。←嘘でう

よろしくどうぞい☆